昨年は、本ブログ「星屑の想いに」をお読み頂きありがとうございました。
本年も、どうぞをよろしくお願い申し上げます。

このブログは、読んでくださる方に少しホッとしてもらって、自分もリラックスできたらな、という気持ちで書いているつもりなのです。
世の中にブログはいっぱいあるけれど、癒し系のブログは案外少ないので、一応それを目指してぼちぼち書いてます。

でも、昨年はなかなか記事か書けませんでした。
特に昨年後半はあまりお出かけに行けず、それ以外でも自分の想いを言葉にすることができませんでした。

今年は、記事がたくさん書けるような気持ちに余裕のある生活をしてゆきたいと思っています。

IMGP1979.jpg

「京ごよみ手帳」も購入しました。
京都で行われる伝統行事の予定がみっちり書いてあります。そんな行事も見にゆきたいと思っています。
まあ、お仕事の兼ね合いとかあって、なかなか無理かな(^^ゞ

今年も気まぐれですがブログを更新してゆきますので、気軽におつきあいくださいませ。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

IMGP1944.jpg

クリスマス礼拝に行ってきました。
僕はクリスチャンではないのですが、知り合いに誘われここ数年参加しています。

牧師さんからのメッセージがありました。
「言葉は生きている。言霊(ことだま)です」

うん、私たちはちょっとしたひと言で、とても喜んだり悲しんだり、怒ったりしています。
言葉を発するのは簡単なのに、その影響は大きいですよね。

「初めに言(ことば)があった。言は神とともにあった。言は神であった。万物は言によって成った。」(ヨハネによる福音書1章1節)
聖書の1節を引かれ、言葉の大切さを説いておられました。
キリスト教って、こんなにも言葉を重視しているんですね。

そう考えると、日本でも昔から言霊(ことだま)といわれます。
洋の東西や宗教を問わず言葉の影響はとても強いのだな、と感心していました。

そこからもうちょっと考えると、ブログも一緒ですよね。
何でもいいから書くのは簡単だけれど、ネットで公開しているので、書いた言葉は大きく響きます。だから言葉を選ばなくちゃなんて考え出すと敷居が高くなって、なかなか書けなくなってしまう。

でも、ブログ記事になった自分の気持ちが、読んだ方の共感を得て、コメントとかアクセス数とかでフィートバックされるととてもうれしい。
これも、言葉の力なんだと感じます。
自分は、まだまだ言葉の力をコントロールできてないのでしょう。

最後に牧師さんは言われました。
クリスマスによせて、お互いの幸せを願うように祈りましょう、と。
このブログを読んでくださる方もどうぞお幸せに、と願っています。

PENTAX K-7 with TAMRON 90mmF2.8 MACRO

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記


この冬もやってきました、1000000人のキャンドルナイト!

前回、今年の夏のキャンドルナイトフォトコンテストで最優秀賞を頂いたのが、ついこの前の事のよう。
もう半年経っちゃったんだ…。

かなり最近お仕事が立て込んでいるのですが、今回もちょっとだけ参加してきました。

IMGP1774.jpg
くつ下にキャンドル。もうクリスマスが近いですね。あっという間です。
その横に、街灯のイルミネーションをボカして入れてみました。

IMGP1772.jpg
メッセージが書かれたキャンドルのビンは、このイベントの定番。
ひとつずつメッセージを読んでゆくと心が暖まるのですが、体が冷えてきて途中で挫折してしまいました(^^ゞ

IMGP1806.jpg
ブランコに載っているオブジェ。
とっても小さいので、撮るのにちょっと苦労しました。
前から欲しくてやっと購入した、マクロレンズを使っています。

IMGP1819.jpg
寒い冬に、心が温まりますね。

PENTAX K-7 with TAMRON 90mmF2.8Macro & SIGMA 18-50mmF2.8

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

かやぶき屋根の家を多く残す、京都丹波の奥深く、美山。

「かやぶきの里」は日本の原風景として、白川郷とともに有名になってきました。
ゲーム「SNOW」の舞台としても有名ですね。

IMGP1597.jpg
深い山里に、かやぶき屋根が並びます。
静かで隔絶された世界感に、落ち着き癒されます。

京都市内より気温が低く、すっかり晩秋の山になっていました。
もうすぐ雪が降って、真っ白なSNOWの世界へ。

IMGP1615.jpg
それでも野道を散歩していると、まだところどころきれいな紅葉が見られました。

IMGP1594.jpg
あっ、SNOWをプレイした人にはすぐわかる、雪月雑貨店だよ…。

IMGP1544.jpg
雲が立ちこめ、柿が実をつけています。
冬になるちょっと前の、物憂げだけど嫌いじゃない時間です。


IMGP1574.jpg
もみじの写真にも、冷たくて澄んでいる空気が写っているよう。

IMGP1649.jpg
一枚の絵はがきを買いました。

「美山の里を くぐりぬけた風は
幼い時の思い出と 忘れていた何か
そしてあの時の夢まで 届けてくれます」    作・山崎昌伸

忘れていた何かって、何だっけな?
美山に行ってみると、こんな気持ちがよくわかります。

PENTAX K-7 with SIGMA18-50mmF2.8 & TAMRON90mmF2.8 Macro

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

powered by