IMGP8448s-.jpg

やさしい桜の花です。

寒い冬が過ぎ、本格的に春がやってきました。
冬の間、寒かったり風邪をこじらせたりして、お仕事以外はあまり外出しませんでしたが、冬眠からさめたように動き出しています。

とっても天気がよい休日だったので、ほんと春の陽気に誘われてふらっとお散歩してきました。
どうも出かける前はおっくうで、京都に住んでいるんだから別に改めて観光することはないな、などと思うのです。
でも、お出かけすると、お日さまのエネルギーをもらって元気がたまってきます。

今回は、京都東山。
祇園、八坂神社、二寧坂、産寧坂のお散歩です。ここは京都を代表する大観光地ですが、僕にとっては電車で数駅の半日お散歩コースとなっております(^o^)


IMGP8377s-.jpg

お散歩の前に、まずは有名どころ、祇園の壱銭洋食で腹ごしらえ。ちょっと食べるのには最適。京都にしては濃いめのソースが好きなのです。


IMGP8382s-.jpg

八坂神社。爽快な空ですね。晴れているときは、朱色と空色の対比がとても鮮やかです。
ここを通るときはいつも少し気分が明るくなって、目が覚めるのです。
それにしても、人が多い!


IMGP8423s-.jpg

もう、この桜は満開。
建物で切り取られた青い空に桜色。
ちょっとした光景ですが、影と光の対比がとっても美しく、しばし上を見上げていました。感動と共に首が痛い(・_・、)

IMGP8410s-.jpg

こんな光景を見ると、もう京都を満喫です。
和服の女性が案外多く、男性の和服もときどき見かけます。
和服は周りの風景にすっかりなじんで、雰囲気が和んできます。いつかは自分も和服で歩きたいと、常々思っているのです。


IMGP8426s-.jpg

産寧坂、実際はこんな感じ。
とても混んでいるのですが、春の陽気と京都のはんなりとした雰囲気とで、人々の顔は何となく優しい。
僕も写真撮影を頼まれて、笑顔でほいほい撮ってあげられました。少し心が豊かになってくるんです。

美しい光景ややさしい雰囲気は、そこにいる人々に伝染します。そんな気持ちをいっぱいからだに染み込ませて帰ってきて、このブログを書いてます。

さあ、また素晴らしい季節がやってきますね…

PENTAX K100D Super, SIGMA 18-50mmF2.8, DA50-200mmF4-5.6


さくらソングはたくさんありますが、今日はこれを口ずさんでいました。
森山直太朗 「さくら」

さくらSakura (Choir) - Moriyama Naotaro
スポンサーサイト



テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

powered by